こんにゃくを粉から手作りする方法

こんにゃく粉をヘラで混ぜる

手作りこんにゃくを作ろう。

すごく簡単に作れます。
市販のものより、美味しいです。
歯ごたえを自分で調整できます。

近所に配ると、とても驚かれます。
こんにゃくって作れるのって言われます。

ぜひ市販品と違う、手作りこんにゃくの香りと味と弾力を楽しんで下さい。

手作りこんにゃくの作り方は2通り

・こんにゃく芋から作る。
・こんにゃく粉から作る。

簡単なのは、こんにゃく粉から作る方法です。
完成するこんにゃくの量を調整しやすいのでおすすめです。

※こんにゃく芋のシーズンには、芋から作る方法も記載します。

手作りこんにゃくの材料

用意するもの

原材料 こんにゃく 約950g程
・こんにゃく粉 25g
・消石灰 1g(貝や卵の殻でも代用可能)
・水 900cc(800cc・100cc)

調理器具
・鍋
・ボール
・木ベラ
・計量器
・計量カップ
・まな板
・包丁

原材料はたった3つ。
そしてほぼ水です。

こんにゃく粉と調理器具

手作りこんにゃくの作り方とコツ

①ボールに水800ccとこんにゃく粉を混ぜる。
②30分放置
③消石灰と水100ccを混ぜた水をこんにゃくの入ったボールに入れて混ぜる。
④30分放置
⑤適当にこんにゃくを切って鍋に入れ、30分ほど煮てアクを取ったら完成。

とても簡単です。
誰でも出来る手作りこんにゃくです。

非常に簡単なのですが、もう少し詳しく写真も入れて書いてみました。

①水800CCを常温〜40℃くらい温度のぬるま湯にする。

 ※水でもよいが、ぬるま湯のほうが粉が混ざりやすい。

②ぬるま湯にこんにゃく粉を入れる。

 ※ぬるま湯をヘラで混ぜながら、少しづつこんにゃく粉を入れていく。

ぬるま湯にこんにゃく粉を入れる

③ゼリー状になるまでよく混ぜる。

 ※はじめは「だま」が出来るが、気にせず3〜5分ほど混ぜ続けます。

こんにゃく粉をヘラで混ぜる

こんにゃく粉をゼリー状になるまでよく混ぜる。

このような「だま」が出来ますが、気にせず混ぜ続けましょう。(動画)

このようなゼリー状になればOKです。(動画)

④消石灰水を作る。

 コップに水100cc(常温)と消石灰1gを入れて混ぜる。
 ※混ざると言っても分離して綺麗に混ざらないですが、問題ないです。

消石灰水

⑤30分間放置する。

 ※常温で大丈夫です。



「30分後」


⑥寒天みたいに固まったこんにゃくを、器の中でよく混ぜ崩します。

寒天みたいに固まった手作りこんにゃく

 ※ある程度で大丈夫です。

このくらいの硬さになればOKです。(動画)

⑦消石灰水を、崩したこんにゃくと混ぜ合わせます。

 ※消石灰水は分離してますので、一度混ぜてからこんにゃくに混ぜて下さい。
 ※だまっぽさがなくなり粘り気が出るまで、よく混ぜます。(5〜10分位)

消石灰水とこんにゃくを混ぜ合わせる

このように混ぜ合わせます。(動画)

このくらいの硬さになればOKです。

粘り気が出た手作りこんにゃく

⑧器に入れて、30分間以上放置する。

 ※私は面倒なので全て鍋でやってます。
  バットに入れると市販の四角いこんにゃくみたいになります。

器に入れた手作りこんにゃく



「30分後」


⑨器から出して、適当なサイズにカットする。

適当なサイズにカットした手作りこんにゃく

適当なサイズにカットした手作りこんにゃく

⑩鍋に入れて、30分間ほど煮立てアクを抜きます。

 ※水からでもお湯からでも大丈夫ですが、沸騰してから30分ほど煮て下さい。

煮立てる前の手作りこんにゃく

煮終わったら「完成」です。

30分煮て完成した手作りこんにゃく

手作りこんにゃくの保管方法・消費期限

手作りこんにゃくは、かなりたくさん出来上がります。
このレシピで、市販のこんにゃく4枚分くらいになります。
一回の食事で食べ切れる量ではないです。

そのため、保管方法と消費期限を知っておきましょう。

保管方法

手作りこんにゃく

タッパーにこんにゃくと水を入れて、こんにゃくを水で覆って保管します。
こんにゃくはきれいな水を好むため、2日に一回は水を取り替えて下さい。

冷蔵庫に入れておいたほうが無難です。
※私は、冬なら常温で保管します。

消費期限

こんにゃくは水が綺麗なら、1週間以上保存が可能です。
傷んだこんにゃくはヌルヌルしてきます。
食べる前に指でこんにゃくをなでてから、料理に使って下さい。

ツルツルからヌルヌルになってきたら要注意です。

まとめ

誰でも作れます。
粉から作ると本当に簡単に作れます。

完成までの所要時間は2時間程。
所要時間のほとんどは放置している時間です。

一回作るとたくさん出来て意外と長持ちするこんにゃく。

味や香りは市販品と比べ、手作りこんにゃくの方が美味しく出来上がります。
弾力を自分で調整出来る珍しい食材です。

是非、簡単なのでこんにゃくの手作りを楽しんでみて下さい。